松戸における家族葬形態の葬儀

葬儀の形態のなかでも特徴的なものはいくつかありますが、最近では家族葬などはそのひとつに挙げられるといえます。


千葉県の松戸市内でも家族葬による葬儀が執り行われることがありますが、これは亡くなった人の家族が中心となるごく小規模な葬儀のことを指しています。明確には定義がないものの、一般には家族のほかは親族や若干の友人程度の人たちだけに参列を認めるというのが相場であって、そのほかの人には逆に参列を見合わせてもらうのが通例です。


松戸市での場合には経済的な理由で一般葬が難しい場合と、できるだけ親しい人たちだけで見送りをしたいという遺族の意向が強い場合の両方が理由となります。

こだわるなら松戸で葬儀の相談ならココです。

もっとも内容的にはそれほど一般葬からの飛躍があるわけではなく、僧侶によって霊前では読経が行われますし、その合間に参列者が焼香をするのは基本的に同じといえます。



ほかに松戸市の場合であれば亡くなった人の生前のようすを写真やビデオなどをもって偲ぶような演出が加えられることもあります。



いずれにしても家族葬だからといっても亡くなった人を弔うための儀礼に変わりはなく、参列する場合もひととおりの作法はおさらいしておくことが望ましいといえます。

逆に参列を呼び掛けられなかった場合ですが、あえて当日に呼ばれもせずに家族葬に参列することはマナー違反となるおそれがあります。
どうしても弔意を伝えたい場合は弔電を送るなり後日あいさつ状を出すなりといった、遺族の負担にならない方法をとるのが適切です。